日焼けしていると全身脱毛はできません

全身脱毛に挑む前に知っておくべきことがあります。それは全身脱毛期間中の日焼けは厳禁であることです。エステでもクリニックでも、黒い色だけに反応して熱ダメージを与える光を利用して毛根を破壊していく光を使った脱毛法が主流です。ちなみに、毛根に熱エネルギーを集中させるために施術の1、2日前に照射部位の毛を剃っておく必要があります。

黒い色をしているのは毛根だけではありません。ほくろやシミなどにもその光は反応する可能性があるので、照射部位に黒い色があると施術自体ができないことがあるのです。ここで日焼けについて考えて行きます。日焼けした肌が小麦色になるのは肌内部でメラニン色素が大量発生しているためです。

過度な紫外線を浴びると肌は危険と判断し、肌内部でメラニン色素を大量発生させて対抗します。このメラニン色素の残骸が小麦色の肌にならしめているのです。つまり、肌の内部で黒い色のメラニン色素が大量発生した状態で照射をすると、そこに光が反応してやけどをする恐れがあります。そのため日焼け直後の肌には照射できないのです。

逆に、照射後の日焼けもNGです。というのは照射後の肌は非常にデリケートなので、通常では問題にならない紫外線でもそれが大きなダメージとなりシミやそばかすなどの肌トラブルの原因となる可能性が高まるからです。普段は服の下に隠れているVIOなどの部分ならいいですが、全身脱毛ともなると腕や足など比較的露出の多い部分も照射することになるので、紫外線の強い時期の施術はあまりおすすめできないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする